大和市下鶴間の内科 消化器内科
前川内科クリニック

〒242-0001
神奈川県大和市下鶴間2777-5-6
コンフォール鶴間1F

046-278-3777

メニュー

内視鏡検査

  • HOME
  • 内視鏡検査

内視鏡とは

一般に「胃カメラ」と呼ばれているものが「内視鏡」になります。
柔らかく細い管に、スコープと病変をとる鉗子、空気や水分を送ったり吸い込んだりする管が通っています。これを口または肛門から入れて中の様子を画像で見ることができるほか、ポリープなどをとることも可能です。

内視鏡検査

当院では食道・胃・十二指腸の検査診断を行う上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と、大腸の検査診断を行う大腸鏡検査を清潔、迅速、苦痛の少ない検査方法で実施しております。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

以前では食道・胃・十二指腸の検査は、胃癌検診も含めて、バリウム飲んでレントゲン撮影を行う胃透視検査が多く行われていましたが、近年では内視鏡検査がその主流となっています。

その利点として

  • 検査結果がすぐに治療につながる(胃透視の場合、異常所見が見つかったら、その確定診断のために胃カメラを行う)
  • 病変の色調の観察が可能で詳細な病変の観察ができる(胃透視では白黒の濃淡画像であり、バリウムの付着していない部位は診断困難)
  • 病変の組織検査を同時に行うことができ、治療の選択に直結する診断が可能。
  • 内視鏡による治療が同時に可能である(出血している病変があれば止血術、腫瘍性病変であれば内視鏡的切除術)
  • 近年の内視鏡機器の画像処理技術の進歩により詳細観察が可能となり、より癌の早期診断が容易となっている。
  • 麻酔下内視鏡検査を行うようになり、楽に内視鏡検査が受けられる。

などがあげられます。

胃カメラ用のスコープの太さは経口用スコープが9.8mm 経鼻用スコープが4.9mmです。 経口スコープの嚥下が困難な方には経鼻内視鏡検査の方法があり、苦痛が少なく検査を受けられますが、画像の精度では経口用スコープの方が鮮明画像により診断能力は高く、より詳細な診断が可能です。そのため当院では基本的には経口用スコープで検査をいたしますが、ご希望の方には経鼻内視鏡も準備いたします。

上部消化管内視鏡検査
(胃カメラ)の流れを見る

大腸鏡検査

我が国において近年の食習慣の変化、動物性脂肪摂取量の増加とともに、大腸疾患は炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)や癌など増加傾向にあります。大腸癌に移行する可能性のある大腸にできるポリープは、自覚症状はあまりなく大腸検査で発見されるケースが多く見られます。

当院において、大腸鏡検査は検査診断目的だけでなく、大腸ポリープ切除術も行っています。

大腸鏡検査の流れを見る

当院での内視鏡検査をご希望で来院される方へ

当院では検査を受けていただくため以下のことを確認させていただきます。

今までかかったことのある病気の確認

心疾患 糖尿病 高血圧症 不整脈 脳血管疾患 緑内障 前立腺疾患など

現在、服薬中のお薬の確認

お薬の種類によっては検査の数日前より服薬を中止していただく薬剤がありますので、お薬手帳があればご持参ください。お薬手帳をお持ちでなければ、現在服薬中の薬をご持参ください。

過去の麻酔によるアレルギーの有無の確認

たとえば、歯科治療の麻酔で体調の変化があった等

腹部の手術の既往歴

胃や大腸の手術、婦人家系の手術など

便通の確認

大腸鏡検査時をお受けになる場合、便秘、下痢の程度によっては前処置薬の下剤の使い方が異なります。